イケメンたちに愛をこめて。

乙女ゲームの攻略や感想などを思うままにつづっています。【天下統一恋の乱】がメインです。



♪随時更新中の記事♪

●【保存版】恋の乱、お城でトーク♪~殿達のキュンセリフ集 ~6.22UP
●【保存版】天下統一恋の乱 登場人物・用語集
●【天下統一恋の乱】祝!ボイス実装☆恋乱ボイス徹底攻略ページ 6.22

【天下統一恋の乱】『乱世に咲く花』総括と後日談・殿目線 感想♪

 

こんばんは、ゆたたんです。

 
イベント『乱世に咲く花』終了しました。
今回は、初の追加キャラ6人によるがっつりシナリオイベント!
総愛は若干緩めでしたが、濃い内容でなかなか面白かったです。
まぁ、まだお互い『好き』を意識し始めて『告白』するかどうかの瀬戸際の話しなので、甘さはあまりないです。
 
では、各殿の感想と、殿目線の感想です♪
後日談は家康のみ購入、殿目線はセット買いしました★だって特典の髪型が可愛かったから♥
 

ランキング

個人愛情(累計): 127345
ランキング: 252位
 
契り愛を参考に上げていたら、かなり余裕のランキングに。
150インもいけたかも。
 

豊臣秀吉

城攻めのために、隣村を焼き討ちしようとその指揮を任された秀吉様と、それを止めるヒロインの話。
犬千代との友情もあり、とても良いお話でした!
ただ、ヒロインが秀吉様への気持ちに気付くまでのモノローグがちょっとうるさい感じでした… なかなか自覚しないもんですねぇ。
 
後日談・殿目線
けじめのため犬千代への報告もきっちりやる秀吉様、律儀です!さすが!かっこよかった☆でも、いざヒロインへの告白となるとなかなか言い出せず、結局告白できないまま終わると言う… じれったい!(>_<)
 
 

徳川家康

一揆制圧で、その首謀者捜しのため村人に非道な行いをする家康様とそれを目にしたヒロインとのやりとりの中で、家康様が成長を遂げるお話。
ただの物分かりの悪いお偉いさんなどではなく広い目線で物事を見て受け入れる器の大きさはさすが天下人となるお人ですね。
 
後日談・殿目線
虎松とヒロインの仲の良さに嫉妬する家康様!
ダイスキ!嫉妬シチュエーション(//∇//)
嫉妬するってことは、好きってことで… とヒロインへの気持ちに気付く家康様が赤面してる!可愛い❤
 
 

上杉謙信

風魔に狙われ襲われる謙信様とヒロインとのお話。ついでに謙信様へは厳しい兼続とのやりとりも楽しい( ´∀`)あなたホントに家臣ですか?
普段はたおやかでほんわりと優しい謙信様が、戦いの場では修羅さながらに敵を倒す。そのギャップにやられました!かっこいい!
簡単に風魔を退けるなんて…強い☆
 
後日談・殿目線
ヒロイン『謙信様は特別な存在です』謙信様『私もかもしれない』
そのやりとりを改めて悔いる謙信様。
これ以上距離を縮めて傷つけてしまうことを恐れ、それとなくヒロインを避けてしまう。
それに対してフォローする兼続の辛辣で毒舌ぶりがやっぱりウケる(笑)
 
 
 

前田利家

戦を前に、無事で戻って来て欲しいと幼い頃のおまじないをするヒロインですが…
水仙におまじないを書いて祠に捧げると願いが叶うというものだったけど、実は犬千代が願いを叶えてたというかなり強引な話(;゜∇゜)
他の子供たちの願いも叶えてた犬千代… さぞ忙しかったことでしょう( ̄▽ ̄;)
話の展開も強引で読者置いてけぼりです。
 
後日談・殿目線
ヒロインから想われる資格がないっていうのはおそらく父親のことがあるからかな?
そのためヒロインから告白されるのをそれとなく(無意識?)かわしている犬千代に、秀吉が背中を押します。
けど結局お約束のくしゃみで告白を邪魔され…
けどお互いの気持ちは分かり合えたみたいで良かった♪で終わり。
不完全燃焼…。。(〃_ _)σ∥
 
 

石田三成

南蛮との繋がりを得るため烏合衆の接待を任された三成様とヒロイン。
三成様がなぜあんなに口が悪く人を遠ざけるような言動なのか判明!
自分を好きになる人なんていないからそれなら最初から嫌われようと意図的にそうしていたと… かなりネガティブなお人です( ̄▽ ̄;)
そうかと思えば「あんた俺が好きなんだろう」って… びっくりぽんです!かなりウケるこの人。
 
後日談・殿目線
なんというか… この人はダークな幸村様って感じ!( ̄▽ ̄;)
ヒロインを抱き抱えると、女性に免疫がなくあわてふためくんだけど、発想がネガティブなんで幸村様とは真逆。
ちょっと!本編より面白いんだけど!
自分の心の変化を理解できなくて葛藤してる様や無理矢理論理的にこじつけようとしてる様が見れてとても面白かったです♪
 
 

武田信玄

信玄様がお忍びで出かけるのに同行するヒロイン。
そこで道三先生が登場!お城の皆に病気のことを知られないために外で道三先生に会うことにしていたようです。
添い寝するヒロインもそのことに気づき…。
病のためには「御屋形様」でなく信玄様が信玄様自身であれる場所が必要だということ。
 
 
後日談・殿目線
ヒロインと添い寝したときにだけ昂りが消えていったことから、ヒロインの傍がその場所であるのかを確かめるべくヒロインを抱こうとします!
まぁ、昔はこれが普通ですよね!殿たちは皆寝所に女性を呼べる… 他の殿たちはそういうのは見えませんが( ̄▽ ̄;)
で、信玄様は今まで拒まれたことがなく、逃げたヒロインへの戸惑いの感情を見せます。
更に、あの幸村様から女性の扱い方を説かれる信玄様!
晴天の霹靂ですね!いやー、まさか幸村様が!
 
 

まとめ

今回は、告白もしたのかしてないんだか…な曖昧な感じで終わって、なかなかもやもやが残るんだけど、お話はそれぞれ面白かったです!
中でも三成様のが私は好きでしたね!
本編よりもこっちが面白かった!
三成様の魅力というかキャラクターがよく出ていて、良かったです♪
 
 
 
当ページはブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)BROCCOLI