イケメンたちに愛をこめて。

乙女ゲームの攻略や感想などを思うままにつづっています。【天下統一恋の乱】がメインです。



♪随時更新中の記事♪

●【保存版】恋の乱、お城でトーク♪~殿達のキュンセリフ集 ~6.22UP
●【保存版】天下統一恋の乱 登場人物・用語集
●【天下統一恋の乱】祝!ボイス実装☆恋乱ボイス徹底攻略ページ 6.22

究極のシンデレラストーリー【王子様のプロポーズ2】リュオ 本編 感想(ネタバレあり)

リュオ本編感想(ネタバレあり!)

こんばんは、ゆたたんです。

17日までに!と言いながら、蓋を開けてみると六日間でクリアしちゃいましたf(^^;
徹夜しちゃった…
攻略はコチラ⬇
最後、13000ほど足りなかったプリンセス度、お忍びデートをやりまくって稼ぎました。
各王子のハートがそれぞれ200個以上ありました。(クオンくんやマックスは500個前後)
お忍びデート1回につき、プリンセス度100もらえます。
ハート7個でデート1回できるので、910個あれば13000は稼げる!
途中プリンセス修業のアイテムも手に入るので、それより少ない個数で可能でした。
かなりの強行軍でしたけどね…
でも!それくらい苦労しても読みたかった!
ラブパスはけっこう追加したけど、後悔はないです!
もう、ありがとう!ボルテージ様!ですよ!
久々に感動させてもらいました。
これだから乙女ゲームはやめられない!
 
以下、ネタバレありの感想ですので、見たくない方は回れ右!
乙女ゲームは、キャラクターが良くてもシナリオが良くなければ面白さは半減以上!
リュオ本編は、キャラ萌えはもちろんのこと、それを更に凌駕するシナリオの良さ!
さすがボルテージさん!
 
クリアしてから気付く、伏線の数々!
ヒロインとリュオがお互いの立場を知らなかった頃過ごした『エサンヌでの日々』の中に沢山の伏線があったんだ!って気付いた時の沸き上がる感動!
けっこう鳥肌モンでした。
 
伏線①エサンヌに向かう道中、車が故障してしまい、ゴンタくん(リュオ)が助けを呼びに行った出来事。
伏線②車の修理代がすでに支払われていたこと。
伏線③デボラおばあちゃんたちが、二人が恋人同士で喧嘩中だと信じて疑わなかったこと。
 
この時は、『戻って来る』と言いながら戻らなかったゴンタくん。結局途中通りかかったおじさんに助けられ、デボラおばあちゃんの家で鉢合わせする二人。助けを呼びに行ったフリをして自分だけ助かったのか?と少し気まずい思いをします。
最後、リュオに会うために再度エサンヌへ行く道中でまたあの時助けてくれたおじさんとバッタリ。そこで真実を聞かされます。
本当は、『車が故障して彼女が立ち往生してるから助けに行ってやってくれ』とリュオが頼んでいたこと。
車の修理代はリュオが支払っていたこと。
二人が『喧嘩中のカップル』と思われていたこと。
全てはリュオがヒロインを助けるためにやっていたことだったんです。
まぁ、修理代あたりはリュオが払ったんだろうな、と薄々気付いてましたが。
 
伏線④雪原のようなカスミソウ畑。
ゴンタくんが『見せたい』と言ってたカスミソウ畑。
…リュオがノーブル14世として返り咲いたときの就任式で、ヒロインに向けた『雪原で待ってる』発言。
ヒロインにしか分からない『雪原』の場所。
 
伏線⑤リュオにとっての『幸せ』=『他人から奪い奪われて得るもの』※すみません、記憶から引っ張り出してるのでかなりあやふやです。大事なとこなのに!2周目はメモっときます!
ヒロインにとっての『幸せ』=『風が気持ちいいって感じることとか、そういう小さな幸せ』
…ノーブル城主適性試験で990点を叩き出したリュオですが、失点分の10点が、一番重要項目の論文問題。前ノーブル13世が残した『ここを間違える者にはノーブル城を託してはならない』
その問題とは、『幸せ』とは何か。
ノーブル城主としての再帰をかけた再試験では『合格』とだけ出て、リュオが何と回答したのか出ませんでしたが、ヒロインの答えた『幸せ』の中に答えがあるのだと分かりますね。
 
伏線⑥エサンヌからシャルルに戻った時にお互い鞄を間違えてしまい、ひょんなことからヒロインのアパートへ泊まることになったリュオ。リュオの就職祝い(ノーブル城主就任式前夜だったので。ヒロインはまだ知りません)で、サプライズで購入した、コンビニの安いシャンパン。
…リュオがレスターに誘拐された時、手がかりを探してリュオの私物を調べていたときに、リュオの宝箱の中から出てきたシャンパンのコルク…。これにはもう胸の奥が『キュン』と来ました!て言うかテオじいちゃん!『俺が許可する』って勝手にリュオの私物あさって… リュオが知ったら猛然と怒りそう…。
 
伏線⑦ヒロインのアパートへ泊まったその朝。リュオはヒロインの携帯番号を『もう忘れた』と言ってヒロインを突き放します。
…リュオに会うために『雪原』へ向かっていたヒロインは、すれ違った車がレスターだと気付き(凄い!)リュオに会うことより先にレスターを追跡します。GPSで追跡できるように、レスターの車のスペアタイヤに自分の携帯電話を忍ばせてヘンリー王子に伝えます。(ヒロイン凄い!!)
後で回収した携帯電話に、リュオからの着信と留守電が入っていたことをヘンリーから聞きあわてて雪原へ向かうヒロイン。
半日?かけて『雪原』へたどり着き、リュオと再会できたヒロイン。
『携帯番号忘れたって…』『この俺が忘れるわけないだろ?』
 
 
思い出せただけでも、これだけの伏線があり、要所要所にリュオの気持ちが見え隠れしていて、凄くジーンと来てしまいます。
そして、それが全て、ヒロインがリュオの立場を知らないままに過ごした、エサンヌでの日々と就任式前夜のアパートでの一夜から来ていることが分かります。
この時間が、二人にとって幸せの象徴だったんだなぁと思いました。
 
けれど、リュオを逃がすためにノーブル城から二人でエサンヌへ逃亡した時。
『このままここで、目に見える小さな幸せだけ守れればいい』みたいなことを言うリュオに対し、わざと『リュオくんは好きじゃない、ドキドキしたことなんてない』と嘘をつき、リュオのために突き放します。かっこよかった!このヒロイン!
そして!
ここ、一番好きなシーン!
『お前の大根演技なんかお見通し』と、戻ってきたリュオは泣いてるヒロインにキス…
そして、二人は離ればなれに。
 
幸せの象徴だったエサンヌ↔ノーブル城主としての再帰
この対比は、二つの世界が違いすぎることをより強調してるように感じました。
 
そして、ヘンリー王子がちょこちょこいい仕事してますよね!
観察眼がスゴい!
リュオとヘンリー王子のやり取りはとても面白いです。意外といいコンビなのかな?
今回、7王子は本当は敵なの!?とちょっと思ってしまいました。
何か裏があるんだろう、とは思ってましたが、けっこうきわどかったですね。
マックス王子がちょっと可哀想でした。
 
紆余曲折ありましたが、晴れてリュオのプリンセスへとその一歩を踏み出したヒロイン。これからノーブル城に住むんですかね?『俺たちの家』みたいなこと言ってましたもんね。
『二人が一線を超えちゃうかどうか?』それがいちばん気になります!やっぱりそこ!
 
7王子では、唯一イヴァン王子が本編ではまだ手を出さなかったですが。奥手ですね…。
 
リュオはと言うと…
 
 
 
本音は手を出したくてたまらないけどできなかった。…って、おい!
 
ま、まだ18ですしね。
 
裏エピローグを読むと、リュオの葛藤がありありと伝わってきて、物凄く可愛いです!リュオ☆
 
そんなこんなで、リュオ本編、終わってしまって寂しいので、2周目行ってきます。
2周目は、重要ポイントメモしながら、じっくり読んで行こうと思います。
追記感想をアップ予定です。
 
 
 
当ページはブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)BROCCOLI